高い年収を目指して

 看護の仕事をするに当たって、どのくらいの年収を稼げるのか意識するということを聞いたことがある。当然高い年収のほうが生活にゆとりが出て、かつプライベートを充実させるために多くのお金を充てることが可能となるからである。年収の高さが社会人にとってのステータスになると言う意見も聞いたことがある。
 高い年収を稼げるようになるため、若いうちから辛抱強く同じ病院で看護師として働いている人もいるだろう。毎年のベースアップを期待しながら、年を重ねることに喜びを見いだしている看護師がて、うん十年と勤続年数を経る頃には、高い年収を貰えるようになったケースもあるだろう。高い年収を貰えるようになったことを機に、一層看護の仕事に身を入れることができ、その年収に見合った質の高い仕事をしようと思うだろう。高い年収が仕事をする上での励みになることが考えられて、高い年収が生きる喜びを与えているように感じることが往々にしてあると思うのである。高い年収を目指している看護師の多くは、その目標意識が看護師の資質を高めていることが考えられるのである。高い年収を貰うために、満足のいく仕事をしようと思うからである。